Morry's Room

 
      Myブームと思いついたことをぽつぽつと綴っております

おめでとうございます!

第25回坪田譲治文学賞受賞作 『トーキョー・クロスロード』
 どういう賞なのかは今日知りましたが……。

受賞されたから文庫になったのかわかりませんが、表紙のデザインも一緒で今月文庫が出るようです。

私はハードが出た時に読みましたが、とにかく“耕也”がかっこいいんですよ。
対象は「小学校高学年〜」らしいんですが、耕也は“CERO D”に来ても遜色ないッス>どんな例えだ

しばらく耕也に惚れてましたから!(´∀`*)

地味〜に好きだった作品が「受賞!」てな感じで紹介されてて、ちょっと嬉しかったのでした。

  • 2010.03.12 Friday
  • 22:57

これで完結

『恋する新選組』3巻です。

著者様のブログで、どこら辺で区切りになるのかは知ってましたが、やっぱりもーっと先まで読んでみたいと思いました。

沖田君に恋する女の子が主人公なので、致し方ないのはわかるけどね。

そして、2巻で気になってた以蔵さんがーーーー(涙、涙でした)。
これもどうしようもない事なのでねぇ……。

嬉しいことに「スピンオフがあるかも」ということなので、楽しみ〜にしております。

もっと「甘〜」な沖田君と主人公ちゃんのお話も捨てがたいですが、私は“いーちゃん”メインを期待しております!

  • 2010.01.25 Monday
  • 23:35

とっくに読んでましたが

『恋する新選組』2巻。
 もうすぐ3巻が出るそうですし、3で完結と言うことなので、忘れないうちに書いとかないと。

今回はとにかく沖田君と空ちゃんがか〜わ〜い〜い〜ハート
そしてそして、いーちゃんこと以蔵さんがこれからどうなっていくのかが気になりました。
このお話の中での以蔵さん、怖くないというかいい人なのでとても好きなんですよ。

5巻くらいまで続くのかな?と思ってたのですが、次巻で完結とは寂しい限り。
どんな結末を迎えるのか楽しみです。

  • 2009.12.07 Monday
  • 14:21

忘れていた訳ではなく

「いつまで1年以上前のバナー貼り付けとんねん」と思われる向きもありましょうが、堂上教官が好きなんでまだまだ貼り付けときますよ。
「愛を胸に本を守る」てコピーも好きなんです。

で、この間ふと「堂上教官の下の名前はなんだっけ?」と頭によぎりまして、どんだけ思い出しても思い出せず……。
「付き合いだしてから郁が下の名前で呼び始めるのに〜」といろいろ思い出すのに、名前の方はこれっぽっちも浮かんでこず。
wikiで調べてしまいました>本を開けや!

だよー(TдT)

LaLaもがっつり読んでるっつーのになぁ……。

読んでからかなり時間が経ってるのですが、『別冊機Ν供戮隆響枴犬鬚舛腓辰函『ラブコメ今昔』も読んだのでそちらも少し。

ネタバレになるやもしれませんので、たたみます。

↓↓↓

続きを読む >>

  • 2009.11.15 Sunday
  • 01:30

泣いた〜

たまっていた未読本のうち、借りているので早く読まないといけなかった『植物図鑑』(有川浩/著)を読みました。

『図書館戦争』シリーズより先に『阪急電車』を読んでましたが、それ以外の著書は未読で、「他にも読んでみたいな〜」と思っていたときに出版されたのが『植物図鑑』でね。

『ラブコメ今昔』も読もうかと思ってたのですが、『植物図鑑』の紹介文に惹かれこちらを読むことに。
でも、その紹介文もまるっきり勝手な方向で記憶してまして……。

以下、ネタバレになっていると思うので畳みます。
↓↓↓

続きを読む >>

  • 2009.10.19 Monday
  • 01:09

萌えちらかり中

とりあえずやっぱり貼り付けたいので。
『図書館戦争』公式サイト     ニコで動画をいろいろ見てたら「DVD買うべし!」と思ったので密林へGO!したのですが、初回限定は2と3がないー!。特に3が欲しいんですけれどもー(>'A`)>ウワァァ!!。

でもって、『別冊機Ν供戮届きました〜。
楽しみすぎです〜。

  • 2009.07.17 Friday
  • 01:34

ブームは遅れてやってくる

毎度今さらですが、『図書館戦争』シリーズにはまりました〜。
ゲームもしないくらいガシガシ読みましたよ!。

売れに売れてた頃、職場の先輩には「ダメ!受け付けない〜」と言われ、後輩ちゃんたちからは「もぉー、サイコーです〜ハートスイートです〜ハート」と推薦されたのですが、( ´_ゝ`)フーン だった私。

とりあえず流行本に興味がないのと、舞台が図書館てのがイマイチ読む気になれなかった要因ですが、なんかわからんけど『LaLa』の連載見て急に読む気が起こったんだよね〜。連載というより、「あなたは堂上派?小牧派?手塚派?」ていう広告ページの方で気になったというか…(´∀`*)エヘ

ネタバレもありますし、以下たたみます。


↓↓↓

続きを読む >>

  • 2009.07.15 Wednesday
  • 00:13

Olive少女

ホントは筆記体で丸っこくうにうに書きたい“Olive”
今日も今日とていろんな雑誌に目を通しておりましたら『クロワッサン』7/10号の中にいきなり懐かしいイラストが!。

中世朝子さんの「のんちゃん」が何故か登場してるのです。
内容は『Olive』のスタイリストさん3名が当時を懐かしむ対談で、何に飛びついたかというと、
当時の『Olive』の表紙。

掲載されてる80年代の3冊はいまだに全部持ってるよ。
もう思いっきり当時はOlive少女でしたし。
月2回発売されるので、お小遣いのやりくりが大変だったなぁ…。

あの美恵子さんとかねぇ、憧れてた。当時は(笑)。誌面では素敵なお姉さんだったからねー。

最終的に、このページはオリーブオイルの企画広告ページなんです。
それにこの号の特集は「みるみるお金が貯まる暮らし。」
全く関係ないところですっごいツボにはまりました。

これまた実家に帰って読み返したいところですが、私の部屋だった所は母の物置になっており、私のお宝Goods置き場まで足を踏み入れることができない状態です。目の前にニンジンをぶら下げられてるお馬さんの気分になるので、「せめて道を作ってくれ!」と懇願中。

『月の夜 星の朝』も早急に読み返したいんだ!ヽ(゚皿゚)ヽ

  • 2009.06.25 Thursday
  • 00:00

雑誌大好き

ちょっとその前に。

まだ全部読めてないのですが、『新撰組顛末記』(永倉新八/著 新人物往来社)めちゃくちゃ売れてるみたいです。ちょっと前の紀伊國屋webの文庫本コーナーでも紹介されてたし、出版社のHP見たら
「4刷突破」て書いてありました。   売れた原因はなんだろうなぁ(笑)。

さて、雑誌。
『VoCE』8月号
今月も付録に驚かされました。風呂敷が付いてきた!。もちろんサンプルも付いてるよ。
そいでもって500円也〜。

『キネマ旬報』7月上旬特別号
最近の巻頭グラビアインタビューはイケメンさんばかりな気がします。どうかしたらポスターもババーンと付いてくる時あるし。いつ頃誌面の大リニューアルしたのかなぁ。ずっと見てるけど全く思い出せない…。
で、これで読んだと思うんだけど(『AERA』だったかなぁ…。鳥頭ですいません)、『ウォレスとグルミット ベーカリー街の悪夢』が7月18日に公開だそうで。あと、過去4作品もリマスターになるとか。ウォレスの声が欽ちゃんから津川雅彦さんに変わってます。うちはDVD待ちですな…。

続きを読む >>

  • 2009.06.24 Wednesday
  • 00:43

びっくりしました!

どのブログもアクセス解析ができると思うのですが、ここのもそれなりにできます。
今日は何げにリンク元を見てました。
すると、個人の方のブログと思しきアドレスからリンクされてるので「?」と思ったわけです。大抵はYahoo!やGOOGLEのsearchから飛んでこられる方ばかりなので。
で、そのアドレスに飛んでいったところ、なんとびっくり!作家の越水利江子先生のブログではありませんか!!Σ(゚Д゚)。

続きを読む >>

  • 2009.06.07 Sunday
  • 23:53

2冊読めました

二日間家に缶詰はさすがに退屈でした…。普段できない片づけなんかもしたり、子どもとべったり遊んだりもしましたがそれでも手持ちぶさたな時間ができてしまうので、たまりすぎている本を少しばかり消化しました。

続きを読む >>

  • 2009.05.20 Wednesday
  • 00:18

6月号の雑誌より

まず『サライ』6月号。

「おまえもかっ!?」と。そんなに世間は武将ブーム?。『サライ』はいつも写真がきれいなので今月号も楽しく眺めました。やっぱあの兜は凄いな〜。

次『ダ・ヴィンチ』6月号。

松ケンが表紙よ〜・:*:・(*´∀`*)・:*:・
さらに、松ケンのポスターと『テレプシコーラ』のB5版クリアファイルが付いてます。
気になったのは「ハガレン」特集。あと「東のエデン」の連載が2回目です。

最後『Goods Press』6月号。

ガンダム特集〜。濃いガンダムさんには全くもって物足らないらしいけど、浅〜くしか知らない私からしたらなかなか面白かったよ。

  • 2009.05.09 Saturday
  • 23:41

趣味の読書

この間ためこんでいた本はすっかり読んでしまい、また新たにためこんでおります。


今読んでいるのは『黒猫 沖田総司の死線』。この前読んだ『壬生狼 沖田総司』は、後ろに参考文献もたくさん載っていて、史実に基づいて丁寧に書き込まれた小説でしたが、こちらは参考文献の記載もなく、土方さんと沖田君は十四郎&総悟のイメージに近い気がします。まだ読み始めなので、最終的にどうなるのかわかりませんが…。

次に読もうと思っているのが『新選組十番組長 原田左之助』と『天誅と新選組』。 わくわくです〜。

手に入れたけど少々期待はずれだった『幕末明治の肖像写真』。

坂本龍馬と中岡慎太郎は写真があったけど、新選組の面々は誰も載ってなかった!。なのでパラ見しかしてませんが、松平容保様と中村半次郎は拾い物でした!。篤姫様も載ってなかったな〜。またこの時代のドラマでもあれば、参考文献としてはいい感じです。白い本なので画像がイマイチ。

タイトルから受ける印象と中身が違うのが『戦国武将の生死感』。
きっとこれもパラ見で終わりそう…。

司馬遼太郎先生の『燃えよ剣』(今「萌えよ」て変換しよったよ(゚Д゚)。うちのパソコン!)と『新選組血風録』も読まねばいかんところですが、来年の大河に向け『竜馬がゆく』に手を出そうかと思っております。文庫本にして8巻…。頑張るよ…。

  • 2009.04.26 Sunday
  • 02:06

目新しい本と雑誌

本屋でまたいろいろ見つけてきました。

まずは本から。

『地侍の魂』『家系図で読みとく戦国名将物語』


『地侍〜』は「幕末」というキーワードがあったのでつい手に取ってしまいました。『家系図〜』の方は、序文にはっきりと「武将ブーム」「戦国BASARA」「花の慶次」「片倉小十郎」という単語が出てきます。ようは最近の武将ブームにあやかった本がたくさん出版されてるということですね。両方ともなかなか面白そうでした。

次は雑誌。

『JUNON』6月号と『VoCE』6月号。



『JUNON』は歴代のジュノンスーパーボーイコンテストの受賞者がまるっと特集されていて、「へー」の連続でした。ゴーオンブラックとシンケンブルーがジュノン出身なのは知ってたけど、ゲキチョッパーもかいな、とか。

『VoCE』はいつも通り重い!。今月はさらにでかい付録が付いてるので何かと思ったら、アジエンスのシャンプーとリンスのサンプル&小冊子。本体に化粧品のサンプルがついてることもよくあるし、重いわりにお安いのはものすごーく広告料取ってる雑誌だと思われ。「モデルさんたちキレイ〜」と眺めて終了〜。

次、ゲーム雑誌。

続きを読む >>

  • 2009.04.24 Friday
  • 02:21

最近みつけた本

本屋さんで新刊チェックしていて、『妄想彼氏事典』(ぶんか社/刊)なる本を見つけました。座談会のページの脚注が面白くて立ち読みしてたのですが、『銀魂』のことも出てたのでちょっと「へーへーへー」でした。ホントに女子人気高いんだねぇ。

あと、「大人系ヒーローイケメン」(だったと思う)として徳山秀典くんが紹介されおり、「大人系なんだ〜」としみじみ。徳山くんと言ったら「ぼくらの勇気 未来都市」(昔のドラマだよ)で【キンキと対立してた子】ってゆーイメージがこびりついてるもんで…。すっかり大人になられて…。

 
それから、タイトルに目を奪われたのが『キャプテン翼勝利学』

本自体は古いみたいなのですが、中にマンガの引用がたくさんあって、そこばっかりガッツリ読んでしまいました。いやー、南葛&東邦 、松山君に次藤君&佐野君!懐かしかったよ〜。同じシリーズで『テニスの王子様勝利学』や『ヒカルの碁勝利学』等々あるようです。テニプリもヒカルもマンガのとこだけ立ち読みしてしまいました。

『キャプテン翼』はまた最初から読み返したいな〜。もう手元には何も残ってないのが残念無念悲しい

  • 2009.04.09 Thursday
  • 02:04

Go to top of page


カウンター

カレンダー

<< September 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30